かつての利息制限法と過払い請求について

  • 投稿日:
  • by

利息制限法という言葉を、一度は見聞きしたことのある人も多いかもしれない。

これは、借金の利息を、最高で元本の20パーセントまでと定めた法律である。
ところが、かつての消費者金融では、これが守られていないことがあった。

他の法律では、29.2パーセントまでの利息なら処罰規定がなかったため、20パーセント以上の利息を取って貸し付けをする業者が多かったのである。

しかし、2006年の最高裁判決により、この方法が問題視されたため、その後は消費者金融を利用した人々の間から、払い過ぎた利息を取り戻そうという声が上がるようになった。

これが過払い請求である。

また同時に利息制限法そのものも見直されるようになり、改正後は20パーセント以上の利息で融資をした業者は、処罰の対象となった。

最終取引から10年以内であれば、今も過払い請求は可能である。
もちろん自分でも計算できなくはないが、出来れば弁護士や司法書士に頼んだ方が間違いは少なく、また金融機関との交渉もしやすいのでお勧めである。

依頼する場合は、契約書とか取り引きの明細といった、借り入れの状況がわかる物を持参して行くのがいい。

着手金は2万円程度、報酬は、取り戻した金額の大体20パーセントである。

それから、過払い請求の依頼をすると、ブラックリストに載るのではないかと心配する人もいるようである。

しかしこの場合、調査だけであれば、ブラックリスト入りすることはないので、心配はいらない。