利息制限法とは利息の規制である

  • 投稿日:
  • by

利息制限法とは、法律で定めた金利の上限である。

貸付における金利は貸主と借主の間で自由に取り決めていいことになっているが、制限がないと立場が弱い借主は貸主の言い分で金利を支払わなくてはならない可能性が出てくる。
すると公平な取り引きはできない。

そこで、利息制限法にて金利の上限を決め、その範囲で取り引きをするように定めた。

具体的な内容は、元金10万円未満に対して年利20%まで、元金10万円以上100万円未満に対して年利18%まで、元金100万円以上に対して年利15%までとしている。

つまり、一例として30万円を借りた場合は年利18%までの間で金利を取り決めなくてはならない。

この規制を超える貸付は無効、すでに支払っている利息分に関しては取り戻すことができる。

また、いかなる場合も年利20%を超えた貸付を行った貸主に対しては、刑事罰にて処罰されることになっているため、年利20%以上での貸付を受けることは法律上在り得ないだろう。

借主はこの利息制限法を学んでから貸付を受ければ、少ない利息で借り入れをすることができ、また違法な業者に引っかかる可能性もなくなる。

よって、基本的な知識として持っておくことをお勧めしよう。