利息制限法とは何かを考える

  • 投稿日:
  • by

今般においては、消費者金融やクレジットカード会社などから、融資を受けることについては、ごくごく普通のことのようになってきました。

言ってみれば、ハードルが低くなったということであります。

以前であれば、人目を避けるようにして、消費者金融の店舗に行き、一定の審査を受けるなどして、融資を受けるというようなかたちが一般的でありました。

そんな中において、金利の高さが問題になるケースも多くあったことは、事実であります。

利息制限法と呼ばれる法律と出資法と呼ばれる法律があり、その金利の差のことをグレーゾーン金利と呼び、消費者金融などが世間から厳しい目でみられた過去があります。

その後、このグレーゾーン金利がなくなり、利息制限法が厳しく適用されるようになってきました。

このことにより、融資を受ける人にとっては、支払う利息が減るわけですから、歓迎された事実があります。

しかしながら、金融機関にとっては、利益が減ることになり、その影響は、大きくあらわれていました。

消費者金融の数は、大きく減少し、従業員数も減少を余儀なくされました。

その後、各企業の努力もあり、昨今においては、多くの利益をあげる企業も出てきております。